痛風さんいらっしゃい!ザイロリック通販

痛風さんいらっしゃい!ザイロリック通販   >  痛風の生活習慣以外の原因

痛風の生活習慣以外の原因

家族の画像

痛風はお酒の飲みすぎや食べ過ぎ、過度なストレスなど、生活習慣の悪化によって引き起こされる病気であることは多くの人が知っていることでしょう。

しかし、最近の研究で痛風になる原因は生活習慣以外にもあることが解ったのです。
遺伝的な要因でも痛風になるらしく、家族や近しい親族に痛風患者がいればあなたも痛風になるかもしれません。

遺伝で痛風になる確率はどれくらい?

痛風が世界でもっとも多いとされる台湾の調査で、父親や祖父など近しい家族が痛風を患っている・患っていた場合、高尿酸血症にかかる確率が2倍になると判明しました。
さらに、身内に痛風患者がいると、自分自身が痛風になる確率が男の人で1.27倍、女性で1.4倍になるそうです。

痛風はかつて暴飲暴食や運動不足が原因でかかる病気だと言われていましたが、遺伝な要因も関わっているのです。

ほとんどの場合は生活習慣

遺伝でも痛風になりやすいとは言っても、やはり痛風患者の多くは生活習慣の悪化によって発症しています。
家族内で痛風患者が2人以上いる場合は遺伝の可能性もありますが、家族は基本的に食べるものなど生活習慣が似ているため、遺伝ではなく生活習慣が原因で痛風を引き起こしている可能性も十分あるでしょう。

運動のしすぎでも痛風になる

肥満とはまるで縁のないアスリートで痛風になってしまう人がいますが、痛風は運動不足からでもなりますし、逆に運動のし過ぎでも発症してしまうのです。
これは激しい運動をすることで体内のATPと呼ばれるエネルギー源がプリン体に変化してしまうためです。

痛風の改善・予防のために運動を行う際には、激しい運動は避け有酸素運動を行いましょう。

なお、痛風の改善・予防にはザイロリックという医薬品で効率的に治療を行うのが良いでしょう。
ザイロリックは通販サイトで購入可能です。