システム

機密書類管理

パソコン

秘密書類の管理の重要性といえば、思い起こされるのが東芝の元技術者による機密情報や機密書類の韓国の持ち出し事件です。インターネットや情報システム管理技術が、今後重要な製品技術となる時代であるため、このような技術の情報は機密書類(デジタル機密情報や機密書類)として厳重に管理しなければいけない時代に入っています。このような技術は民間企業の技術であっても、他国の企業に流出した場合、国家の安全を脅かす技術になる可能性があります。それは、核兵器などの製造技術と言う直接的な技術情報でなくても、核兵器を操作するための重要な技術になる可能性があるためです。そのため、機密情報や機密書類の扱い方とその処分方法については厳重な注意が必要です。このような安全保障上の技術でなくても今後、社会のインフラを大きく変えるような技術であれば、国として大きな経済的損失になる可能性が高いため、機密情報や機密書類として扱う必要があるでしょう。また、会員情報など個人情報についても充分に情報漏洩に注意しなければ、社会に大きな被害をもたらす可能性があります。
そのため、技術情報だけでなく、企業が保持している個人情報についても機密情報や機密書類として、情報漏えい対策を講じる必要が出てきます。それは大企業に限ったことではなく、昨今のインターネット社会においては、中小企業も例外ではありません。一度、情報漏洩が起こってしまい、かつ公になってしまうと、企業の存亡に関わる大きな問題となるためです。

また漏洩した情報によっては、不正競争防止法違反という刑事告訴にもなりかねないためです。 特に最近では、フラッシュメモリなどの情報格納容量が大きくなり、その半面、物理的大きさは小さくなってきているため、容易に持ち出すことが可能になっていることが、情報漏えいの問題を大きくしています。上記のような東芝の元技術者による情報漏えい事件も小さなフラッシュメモリーに情報をコピーし持ち出したことがわかっています。このような機密情報や機密書類の漏洩事件は、このような東芝の事件だけでなく、 、実際には非常に多く発生していると考えられます。なぜなら、個人情報に関する機密情報や機密書類は「個人情報保護法」という法律の下で公表が義務づけられているため、すぐに公表され公になるためです。個人情報以外の情報漏洩や、上述のような国家の形成に関わるような東芝の漏洩事件以外の機密情報や機密書類の漏洩は企業間において話し合いによって解決される場合がは多いため明るみになりにくいですが、実際には非常に多くの機密情報や機密書類)漏洩事件が起きていると考えてもよいでしょう。

Copyright©2015 JISQ9100導入LABO┃信頼と安心を勝ち取る仕組みづくり All Rights Reserved.